レトルトカレーファン

レトルトカレーを淡々と実食レビューするブログ

いつの間にか備わっていた「もしもの備え」について

今週のお題「もしもの備え」

に初チャレンジしてみたいと思います。

というのも、常日頃から備えてしまっているものがあったからです。

レトルトカレーが常備されている日々

f:id:RetortCurryFan:20200908121441j:plain

筆者はレトルトカレーを淡々と実食レビューするブログを運営しているので、常に何種類かのレトルトカレーが常備されている日々を送っています。

冷蔵庫のものがなくなっても、とりあえずレトルトカレーがあれば心強い。

しかし、カレーのみならず、こういったレトルト食品の需要は今後より高まっていくと思います。

個食・孤食の拡大

テレワークによって増える個食文化。

出前、自炊、レトルト食品。

このサイクルがゆっくりと回りつつあるように感じます。

そして、「おひとり様ライフ」を楽しむ人が増えるほど、孤食も拡大していくでしょう。

インターネット上でも「レトルト」というキーワードは、ここ10年で検索需要が上昇し続けています。

日常の余裕として、常備食として

近年のレトルト食品のクオリティの向上を考えれば「立派な食事」になることは間違いありません。

家事に疲れた、時間がない、今日はちょっとリフレッシュしたい。

そんな時に思い切ってレトルト食品を食べる「余裕」を持ちたいものです。

レトルト=まずい、手を抜いている、不健康という考え方は過去のもの。

いくつかバリエーションを楽しみながら「もしもの備え」として置いておくのも良いのかも知れません。