レトルトカレーファン

レトルトカレーを淡々と実食レビューするブログ

【ルー】なのか【ルウ】なのか?本当に正しいのはどっち?

ルーとルウ、正しいのはどっち?

f:id:RetortCurryFan:20200827161419j:plain

レトルトカレーファン』という実食レビューブログを運営していると、当然「ルー」という単語を使う機会は多くなります。

カレーのことを調べたりすると、ルー以外にも「ルウ」という表記も見られ、果たしてどっちが正しいのかと気になりました。

「え?カレーのブログ書いてるのに、ルーなのかルウなのか知らないの?」

誰もそんな風に思わないでしょうが、筆者本人が一番気にしてしまっている状態なので、調べてみました。

ルーが正しい◎

まず、ハウス食品のホームページから引用。

ルーの語源は、フランス語のroux。
小麦粉と油脂を炒めてスープのつなぎに使うものをいいます。
これにカレーパウダーを加えたものがカレールウと呼ばれます。

!?

文頭と文末でルーとルウの二つが…。

どっちやねん状態で判然としません。

次はNHK文化研究所から引用

製品名などで「ルウ」「ルゥ」といった書き方も実際には見られますが、その製品の名前を固有名詞として取り上げるのでないかぎり、「ルー」と書くのが基本です。
(中略)
いっぽう、カレーの「ルー」はフランス語rouxから来たことばですが、これをあえて「ルウ」あるいは「ルゥ」と書くような特別な理由は見当たりません。

一言でいうと「ルー」で良いとのこと。

「ルウ」のかっこよさ

蛇足ですが、ルウという表記、なんだかカッコいい。

送りものでちょっと良いカレーを頂いた時、添えてあった手紙の中に

「とてもコクがありおいしいルウです。」

とでも万年筆で書かれてあったら、なんかオシャレな気がしませんか?(笑)

大正の私小説の中にでも出て来そうな雰囲気です。

フランス語のroux表記もこれまたオシャレです。

芥川龍之介とか使いそうなイメージ。

「僕は白米の量に比べ圧倒的に少ないrouxをじっと見つめ、微笑した。」

とか。

ルーでもルウでもカレーはうまい

ルーなのかルウなのか?

普段話題にのぼることはまずないでしょう。

一生のうち一度も話題にのぼらない可能性だってあります。

しかしこのブログに目を通された方は、一生のうち一度も話題に上らない可能性のある知識を一つ得たことになりました。

友人知人、取引先、サークル仲間、ママ友、老人ホームその他なんでも良いのですが、話題に詰まったらこのルーorルウの話をしてみて下さい。

少しは場を持たせることが出来るかも知れません。

この記事はいかかでしたか?↓クリック↓にて応援して頂けると励みになります!

最新のグルメブログも沢山あります!