レトルトカレーファン

レトルトカレーを淡々と実食レビューするブログ

【省エネ?】一人暮らしの節約にはレトルトカレーがおすすめな理由

一人暮らしの節約には「省エネ」がポイント

【省エネ】一人暮らしの節約にはレトルトカレーがおすすめな理由

ある記事を読みました。

style.nikkei.com

上記の記事の要点をまとめると

  • パンデミックによるステイホームで自炊が増える
  • 火力は部屋の温度を上げ、その分エアコン代がかかる
  • レトルトカレーを利用すれば、手間や火を使うことも短縮され、省エネ

以上です。

この記事にはしっかりレシピも乗っているので、興味があればご覧ください。

結論からいうと、レトルトカレーじゃなくても、レトルト食品を使えば電気代の節約は出来るはずです。

しかしながら、レトルトカレーを食べ続けている筆者だからこそ言える「リアルにあえてレトルトカレーを選ぶ理由」を書いてみます。

※家族というよりは一人暮らし或いは個食/孤食の多い方向けの記事です※

レトルトカレーはおかず

カレーはおかずです。

でも、「お弁当のおかず何にする?」「カレーがいいなぁ」なんて会話は出てきません。

でも、おかずなのです。

カップラーメンならお湯を入れなくてはいけません。

でも、レトルトカレーは最悪温めなくとも食べれます。

そのまま食べれるいろいろ具がはいったおかずなのです。

袋の端だけ切ってウィダーインゼリーのように飲めば電気代のみならず食洗に使う水道代も節約できます。

カレーというパワーフード

カレーパン、カレーヌードル、カレーマンカレーうどん…他にも定番的な食べ物は思い浮かぶと思います。

カレーのすごさは、異なる食品や食材と組み合わせても「これいけるんじゃない?」という可能性があるところ。

カレー餅、カレーサラダ、カレー奴(やっこ)、カレーもやし、カレー素麺…

え?と思っても「ギリいける」感じがしませんか?

何もオシャレな具材を買って合わせなくても良いんです。

オシャレ=コストという側面もありますし、適当な食材にカレーをかける、或いは和えるだけでなんとか食べれるものになるんです。

倫理観と節約

やや極論風に書いてきました。

でもこの極論が許されるのは一人暮らしの方限定でしょう。

節約のために家族そろってレトルトカレーウィダーインゼリーのようにすすっていたら…それは倫理的に良くない。

なんか良くない。

なので、このブログのタイトルのあえて「一人暮らし」という条件をつけました。

おすすめ

一人暮らしの方に優しいおかず=レトルトカレーを選んでみました。

retortcurryfan.com

retortcurryfan.com

retortcurryfan.com

retortcurryfan.com

誰しも容易に手に入れることの出来るカレーです。

一人暮らしの利点は、自分で食べるものを決めれること。

健康管理は当然のこと、小腹が空いたら気軽に食べれるものがあると楽です。

そんな時に備え、レトルトカレーを常備しておくのもいいのかも知れません。

ふらっとコンビニに出て1000円くらい使ってしまうよりも節約につながります。

まとめ

この記事はカレー好きな筆者が書いた記事です。

極端な論調で書きましたが、生半可な節約&カレー愛を書くよりも良いだろうという気持ちを込めて書きました。

もし電気代が高いと思ったら、この記事を思い浮かべてもらえたら幸いです。

ブログをご覧いただきありがとうございましたm(__)m