レトルトカレーファン

レトルトカレーを淡々と実食レビューするブログ

【家が店舗に?】ゴーゴーカレーのレトルトは家でも簡単お店クオリティ

株式会社ゴーゴーカレー レトルト

ゴーゴーカレー

今回は『ゴーゴーカレー』を実食レビューします。

知らない人っているのかな?とも思えるくらい高い認知度を誇るゴーゴーカレー

筆者も何度か店舗に足を運んだ経験があり、そのジャンクでユニークなスタイルも含め印象的なカレー屋さんです。

ただ、店舗だと揚げ物とキャベツを含めての味なので、ほぼルーのみで頂くとどういう風に感じるのか?

製品情報

ゴーゴーカレー

ゴーゴーカレー

■品名・・・元気の源 ゴーゴーカレー

■価格・・・285円(税込) ※2食入りで570円です※

■販売者・・・株式会社ゴーゴーカレーグループ

■容量・・・155g

■栄養成分表示

カロリー258Kcal、たんぱく質5.9g、脂質18.7g、

炭水化物16.6g、食塩相当量3.1g

■主だった具材・・・豚肉

■辛さ・・・中辛(表記がないので筆者の感覚です)

ゴリラの絵が特徴的なパッケージ。

一見カレーとは無縁なようですが、ゴーゴーカレーを印象付けるアイコンですよね。

容量は155gと少な目ですが、これがまったく問題ない。

その件についてはまた後で。

ゴーゴーカレー

パウチはこのままお湯で温めるか、中身を容器に移し電子レンジで温めるかのいずれかです。

それでは実食へ。

実食

ゴーゴーカレー

ライスは150グラム。

ルーは155グラム。

こうみると良いバランスですが…

ゴーゴーカレー

写真からでも粘度の強さがうかがえると思います。

パッケージにはルーとご飯の割合が1:2が良いと書かれています。

筆者の盛り付け場合ほぼ1:1。

なので、この分量だとそうとう濃く感じます。

筆者的にはパンチがありつつもくどくないルーの感じはかなり高評価ですが、ライスを多めにした方がよりおいしく食べれたと思います。

※なぜライスを150gにしたかというと、単純に太るからです(笑)※

ゴーゴーカレー

小さめの豚肉が黒い点のような感じで入っています。

このままでも美味しいですが、やはりこのカレーには揚げ物のジャンクな感じとそのジャンクさを緩和するキャベツの存在も必要ですね。

かなり味が濃いので、チーズをかけて食べても美味しいかも知れません。

感想・評価

高評価です。

お店の味そのまんま、という感じです。

ただ、ご飯の量は確実に多めが良いでしょう。

辛さ

中辛と言ってもいいでしょう。

かなり濃厚なルーのインパクトが強く、辛さ云々はあまり意識しませんでした。

お子さんや女性の方だと「濃い」と感じてしまうカレーかも知れません。

コストパフォーマンス

■価格285円(税込)に対して

良いコスパです。

惣菜のコロッケやチキンの揚げ物を買って、このルーをかければ簡単にゴーゴーカレーが再現可能。

行きたいけど近くにお店がないという方は、このレトルトカレーを買ってみて下さい。そのまんま店の味です。

総評

独断と偏見の評価(10点満点 黒い星の数が評価 平均は★5です)

味   ★★★★★★★★☆☆

辛さ  ★★★☆☆☆☆☆☆☆

コスパ ★★★★★★★☆☆☆

※辛さは食べたカレーの辛さ表示に対しての評価です※

※あくまでも筆者の主観なので、ご理解のほど宜しくお願い致しますm(__)m※

ゴーゴーカレーはラーメン界でいう天下一品ラーメンのような存在ではないでしょうか?。もはやそれ自体がジャンルのような印象がします。揚げ物が大量にトッピングされいる様が思い浮かぶジャンクなカレーとして有名ですが、レトルトカレーではルー自体の味をじっくり堪能することができました。揚げ物ありきではなく、このルーありきがゴーゴーカレーだと再確認。高評価です。近くにお店がないけど食べたいという方にもおすすめです。

ブログをご覧いただきありがとうございましたm(__)m

まとめ買いがお得です。