レトルトカレーファン

レトルトカレーを淡々と実食レビューするブログ

LEE辛さ×10倍は本当に辛い?辛いカレーが苦手な人間による実食レビュー

江崎グリコ LEE辛さ 10倍

LEE辛さ×10倍

今回は『LEE辛さ×10倍』をご紹介。

まず最初に言いたいのが、筆者はミルク&バター系のカレーと、激辛系のカレーは苦手です。

なので、当ブログではそういったカレーのレビューは避けています。

ぶっちゃけ好まないカレーでも食べたふりは出来るでしょう。

ですが、筆者にそれは出来ません。

自前でカレーを買ってレビューしているわけで、好まないものをチョイスするのはある種の無駄です。

それと食べられるものに対して良い悪いの判断をすることはフェアですが、食べられないものを無理に食べて判断するのも良くないのかなと。

ではなぜ今回LEEをレビューするのか?

それは、過去にLEEを食べた経験があり、その時に「もう勘弁して!」という記憶がないからです。

今でもいけるんじゃないのかな、という安易な考えかもしれませんが…。

製品情報

LEE辛さ×10倍

LEE辛さ×10倍

LEE辛さ×10倍

■品名・・・LEE辛さ×10倍

■価格・・・266円(税込)

■販売者・・・江崎グリコ株式会社

■容量・・・180g

■栄養成分表示

カロリー228Kcal、たんぱく質6.8g、脂質14.2g、

炭水化物18.2g、食塩相当量2.4g

■主だった具材・・・牛肉

■辛さ・・・10倍 パッケージに大辛という表記がありました

LEEの文字から炎が出ている定番のパッケージ。

いかにも辛そうな印象です。

LEEは辛口の中の辛口カレー。決して「甘口」ではありません。
そこで辛口の中での辛さの差を表現するために採用されたのが、辛さの倍率表示だったのです。

グリコ公式

通常の辛さから10倍増しの辛さ。

過去食べた時は確かに辛かったのですが、激辛というイメージはなかったような…。

LEE辛さ×10倍

パウチはこのままお湯で温めるか、中身を容器に移して電子レンジで温めるかのいずれかです。

それでは実食へ。

実食

LEE辛さ×10倍

ライスは160グラム。

ルーは180グラム。

良いバランスです。

LEE辛さ×10倍

濃い色のルー。

ずっしり感がありますね。

辛いです。でも、おいしさを感じられる辛さ。

LEE辛さ×10倍

牛肉です。

きちんと角型にカットされています。

大きくはないですし、ジャーキー系の歯ごたえです。

LEE辛さ×10倍

粘度のあるルー。

ドロっとしています。

香りもスパイシーで辛いぞという雰囲気満点。

ですが、勘弁してくれというものではありません。

感想・評価

辛いけど旨い、でも辛い、でも旨い。

筆者にはギリギリ限界の辛さでした。

これ以上辛かったら、筆者の味覚では旨みを感じることはできないでしょう。

しかし、ご飯がすすむのは事実。

辛さと巧さで一瞬で完食できました。

牛肉はジャーキーっぽい感じでした。

辛さを楽しむことがメインのカレーなのでしょう。

辛さ

辛いです。

でも、体全体に汗をかいたり、口の中がやばいことになってしまうほどの辛さではありません。

筆者が激辛が苦手なのは、旨味よりも辛さが先行してしまうことと、食事ではなく苦行のように感じて食べきることがタスクのようになってしまうのが嫌だからです。

あくまでも筆者が激辛が苦手なだけで、激辛に罪はありません。

コストパフォーマンス

■価格266円(税込)に対して

200円前半くらいで買えたらお得ですね。

お店によっては280円くらいのところもありますが、それは高い。

辛いカレーが苦手な人にとっては、LEEを食べるのはある意味イベント感覚ですよね。

筆者にとってもちょっとしたイベントであり、値段どうこうはあまり気にしませんでした。

総評

独断と偏見の評価(10点満点 黒い星の数が評価 平均は★5です)

味   ★★★★★★☆☆☆☆

辛さ  ★★★★★★★★★☆

コスパ ★★★★★☆☆☆☆☆

※辛さは食べたカレーの辛さ表示に対しての評価です※
※あくまでも筆者の主観なので、ご理解のほど宜しくお願い致しますm(__)m※

激辛が苦手な筆者でも旨みを感じることができました。でも、ギリギリでした(笑)しかし、ただ辛いだけのカレーではなかったのも事実です。辛いカレーの定番として君臨しているのも、支持がある証拠ですよね。辛いカレーが好きな方は迷わず選んで良いレベルの「美味しい」レトルトカレーです。筆者は10倍が限界です(笑)

ブログをご覧いただきありがとうございましたm(__)m