レトルトカレーファン

レトルトカレーを淡々と実食レビューするブログ

カリー屋カレーは安い?低カロリー?でもまずいの?実食レビューで検証

ハウス食品 カリー屋カレー 中辛

カリー屋カレー

今回は『カリー屋カレー』をご紹介。

正確な漢字は「口+加に哩でカリー」なのですが、漢字がなかったのでこの表記に。

「17年連続1位」というパッケージの文字が目にいきますが、これはカリー屋シリーズがレトルトカレーというジャンルで1位、ということみたいですね。

以前同じシリーズのキーマカレーをレビューしていますが

retortcurryfan.com

ここではキーマカレーが1位だと思っていました。カリー屋シリーズのカレーほとんどに「17年連続1位」の表記があるので、シリーズでということでしょう。

それではレビューに入ります。

 

製品情報

カリー屋カレー

カリー屋カレー

カリー屋カレー

カリー屋カレー

■価格・・・100円前後~150円前後

■販売者・・・ハウス食品

■容量・・・200グラム

■栄養成分表示

カロリー172Kcal、たんぱく質4.8g、脂質8.9g、

炭水化物18.4g、食塩相当量3.0g

■辛さ・・・中辛 辛味順位表で5の3

誰しも目にしたことのあるこのパッケージ。

今回は中辛をチョイスしています。

人生で一度は食べてことがあるカレーですが、味が思い出せません。

カリー屋カレー

一般的なパウチです。

それでは実食に入りましょう。

実食

カリー屋カレー

ライスは200グラム。

ルーも200グラム。

盛り方が変になってすいませんm(__)m

カリー屋カレー

うっすらジャガイモの存在が確認できます。

具の個数はそれなりに入っています。

ルーの粘度は強くありません。

カリー屋カレー

肉です。

非常に小さめな感じです。

カリー屋カレー

ジャガイモです。

1.5センチ×1.5センチ位の大きさです。

カリー屋カレー

ニンジンです。

ジャガイモよりも一回り小さい感じです。

感想・評価

ボンカレーなどにも通じるザ・レトルトカレー的な親しみやすい味です。

当ブログでこのカレーよりも200円ほど高いカレーを食すことも多いので、当然味についてコストの分だけ差を感じることは事実です。

ただ、高いから良いというわけでもありません。

強い粘度ではありませんがご飯によく絡むルーと、よく味のしみ込んだジャガイモとニンジン。

肉は小さめですが柔らかく、大きくてジャーキーのような肉のレトルトカレーよりも筆者はこちらの方が好きです。

一人暮らしの学生さんや単身赴任中の旦那さまなどに送ってあげたら、違和感なく食べてもらえる味でしょう。

辛さ

中辛ですが、そこまで辛さは感じません。

お子さんでも女性の方でも食べることが出来る味でしょう。

コストパフォーマンス

妥当です。

ザ・レトルトカレー的なカレーです。

まとめ買いをしてストックしたり、先ほども書きましたが一人暮らしの学生さんや単身赴任中の旦那さまなどに送ってげたりなど、いい意味で置いておきたくなるカレーです。

総評

独断と偏見の評価(10点満点 黒い星の数が評価)

味   ★★★★★☆☆☆☆☆

辛さ  ★★★☆☆☆☆☆☆☆

コスパ ★★★★★☆☆☆☆☆

※あくまでも筆者の主観なので、ご理解のほど宜しくお願い致しますm(__)m※

特別なおいしさがあるかと聞かれたら、ここがすごい!と答えられるものはありません。

ですが、良い意味での普通=ザ・レトルトカレー的な感じが良い。

カロリーも低めなのでダイエット中の方や女性にも優しいレトルトカレーです。

常備食や保存食としてストックしておくのも良いかも知れません。

ブログをご覧いただきありがとうございましたm(__)m